給与所得とは俸給、給料、賃金、賞与、歳費やこれらの性質を持っている給与にかかわる所得のことをいいます。通常公務員や民間の勤め人が会社や団体からもらう所得のことです。
月々源泉徴収して給与や賞与を払っていき、年末に年末調整するのが一般的です。この時には、所得から控除できる金額を控除します。社会保険料控除、生命保険料控除、配偶者控除、基礎控除などです。12月に結婚をするとその年の1月から結婚していたとみなされるので1月から配偶者控除が適用されます。通勤交通費も非課税の額が決まっています。給与所得控除額は収入によって決まっていて65万円までは所得がないとみなします。それ以上は計算式があって、たとえば162万円の人は97万円が給与所得になります。ここから控除できる額を引くのです。

 

 

課税される所得金額に対する税額も計算式に当てはめるとすぐ計算できます。194万9千円までは5%などと決まっているのです。雑損控除に該当したり、10万円を超える医療費の支払いがあるときには翌年の2月ごろに確定申告をすると税金が戻ってくることがあります。

 

 

会計年度は4月から翌年の3月ですが、所得税の計算などは1月から12月を対象とします。
給与所得とは俸給、給料、賃金、賞与、歳費やこれらの性質を持っている給与にかかわる所得のことをいいます。通常公務員や民間の勤め人が会社や団体からもらう所得のことです。
月々源泉徴収して給与や賞与を払っていき、年末に年末調整するのが一般的です。この時には、所得から控除できる金額を控除します。社会保険料控除、生命保険料控除、配偶者控除、基礎控除などです。12月に結婚をするとその年の1月から結婚していたとみなされるので1月から配偶者控除が適用されます。通勤交通費も非課税の額が決まっています。給与所得控除額は収入によって決まっていて65万円までは所得がないとみなします。それ以上は計算式があって、たとえば162万円の人は97万円が給与所得になります。ここから控除できる額を引くのです。

 

 

課税される所得金額に対する税額も計算式に当てはめるとすぐ計算できます。194万9千円までは5%などと決まっているのです。雑損控除に該当したり、10万円を超える医療費の支払いがあるときには翌年の2月ごろに確定申告をすると税金が戻ってくることがあります。

 

 

会計年度は4月から翌年の3月ですが、所得税の計算などは1月から12月を対象とします。
給与所得とは俸給、給料、賃金、賞与、歳費やこれらの性質を持っている給与にかかわる所得のことをいいます。通常公務員や民間の勤め人が会社や団体からもらう所得のことです。
月々源泉徴収して給与や賞与を払っていき、年末に年末調整するのが一般的です。この時には、所得から控除できる金額を控除します。社会保険料控除、生命保険料控除、配偶者控除、基礎控除などです。12月に結婚をするとその年の1月から結婚していたとみなされるので1月から配偶者控除が適用されます。通勤交通費も非課税の額が決まっています。給与所得控除額は収入によって決まっていて65万円までは所得がないとみなします。それ以上は計算式があって、たとえば162万円の人は97万円が給与所得になります。ここから控除できる額を引くのです。

 

 

課税される所得金額に対する税額も計算式に当てはめるとすぐ計算できます。194万9千円までは5%などと決まっているのです。雑損控除に該当したり、10万円を超える医療費の支払いがあるときには翌年の2月ごろに確定申告をすると税金が戻ってくることがあります。

 

 

会計年度は4月から翌年の3月ですが、所得税の計算などは1月から12月を対象とします。
給与所得とは俸給、給料、賃金、賞与、歳費やこれらの性質を持っている給与にかかわる所得のことをいいます。通常公務員や民間の勤め人が会社や団体からもらう所得のことです。
月々源泉徴収して給与や賞与を払っていき、年末に年末調整するのが一般的です。この時には、所得から控除できる金額を控除します。社会保険料控除、生命保険料控除、配偶者控除、基礎控除などです。12月に結婚をするとその年の1月から結婚していたとみなされるので1月から配偶者控除が適用されます。通勤交通費も非課税の額が決まっています。給与所得控除額は収入によって決まっていて65万円までは所得がないとみなします。それ以上は計算式があって、たとえば162万円の人は97万円が給与所得になります。ここから控除できる額を引くのです。

 

 

課税される所得金額に対する税額も計算式に当てはめるとすぐ計算できます。194万9千円までは5%などと決まっているのです。雑損控除に該当したり、10万円を超える医療費の支払いがあるときには翌年の2月ごろに確定申告をすると税金が戻ってくることがあります。

会計年度は4月から翌年の3月ですが、所得税の計算などは1月から12月を対象とします。