給与所得の計算式

| 未分類 |

 

事業所に所属している人達は月々の給与で生活をしている事かと思いますが、そんな給与に関して給与所得がどのように計算されているかご存知でしょうか。

 
まずは給与に関してですが、棒給から給与、賃金や賞与に至ります。まず給与に関する所得は収入金額から給与所得控除額を差し引く事で求める事が出来ます。ではその控除額はどのように分かるのかというと年収額によって変わって来ます。

 

大きく分けて給与による所得金額を6つの金額に分けて分類し、そこから控除額を求めて行きます。給与の控除額を差し引いた金額が給与の所得として源泉徴収の対象となります。源泉徴収を行ってくれるおかげでわざわざ税金の算出を個人で行う必要がなくなります。

 

しかし年末に行われる年末調整を行う事で、正しい税金を算出しています。この様に給与に関する所得にも計算方法が存在し、所得金額によって計算方法が異なってくる事を覚えておきましょう。そして自身の給与をその計算式に当てはめる事で具体的な数字を知る事が出来ます。

 

基本的に給与は年収ベースで換算しますので、自身の年収を把握した上で計算する事をお勧めします。そうする事で具体的な税金の金額を知る事ができ、どれだけ国に支払っているのかを把握する事が出来ます。