}PgžxQ

会社を退職する際に受取る退職金にも税金が徴収される事になりますが、その企業での勤続年数によって控除額が変わって来ますので、自身が退職する場合に備えて知っておく事をお勧めします。

 
まずその企業で勤続した年数に関しては、就職した日から退職した日までその企業に実際に勤務していた期間によりますので、年数に1年未満の端数がある時は1年とする事が出来ます。そして、退職所得控除額に関しては、勤続年数が20年以上か20年以下かで計算式が変わって来ます。まず20年以下の場合は40万円×年数となります。

 

この金額が控除となりますので、そこから退職所得として税金が計算される事になります。そして年数が20年以上の場合は、70万円×(年数ー20年)を計算し、その数字に800万円を足す事で控除額が算出されます。20年以下の場合と比較すると少し複雑な計算式になりますが、すでに20年以上勤務している人であればこちらの計算式を合わせてシミュレーションをしてみる事をお勧めします。

 
この様に退職金といっても年数によって控除額が変わって来ますので、控除額が変わるという事は負担しなければ行けない税金の額も合わせて変わって来ますので、退職を控えている人は一度計算をして見る事で現実味のある数字を算出する事が出来るでしょう。