退職所得の計算式

| 未分類 |

 

}PgžxQ企業を退職した際にも税金の徴収が行われます。主に退職手当、一時恩給やその他退職により受ける給与が対象となります。

 
退職所得の金額の計算方法は、収入金額から退職所得控除額をひいた金額に2分の1をかけて算出します。ではこの計算式で出て来た所得控除額とはいったいどのように計算するのでしょうか。控除額はその企業に勤めていた年数を基準に2つに分ける事が出来ます。

 

勤続年数20年以上の場合、40万円かける勤続年数となり、勤続年数20年以上の場合は、70万円かける勤続年数ひく20年に800万円を足す事で求める事が出来ます。ここでの勤続年数とは就職した日から退職した日まで実際に勤務していた期間によりますが、勤続年数が1年未満の端数がある場合1年とする事で求めて行きます。そして、基本的に退職金は支給時に所得税と住民税が源泉徴収されますので、この時点で納税が完了する事になります。

 
この様に退職金額に関する税金を求める際には、いくつかの自身があてはまる計算式によって求める事が出来ます。勤続年数が長い人程、長期的に努めて来た企業からの退職金に関しては、将来的な貯蓄にまわす等の計画性を持って、具体的な金額を事前に知っておく事で、さらなる将来のプランをしやすくなる事でしょう。